2012年11月のアーカイブ

2012.11.10  スピーチ、熱狂、大統領

米国オバマ大統領、再選。
共和党との得票差は前回に比べ僅差でした。
選挙戦活動家への感謝のスピーチでは
言葉に詰まり、思わず「涙」の影像が流れました。

その後の勝利宣言は新幹線のようなスピード。
熱い思いの言葉が沸騰して止まらない。
スピーチひと区切りごとに、支持者たちの歓声と拍手。
聴衆を熱狂させ、揺さぶる力が「言葉」にあることを
世界に見せつけました。
指導者にとって、言葉は、理念、思想、政策です。
そして、希望、方向性をさし示す信号です。
それらの言葉を息をもつかせぬ早さで打ち出す姿は
弾丸連射するアメリカ軍隊さながらにも思えました。

感心するのは原稿を一切見ないスピーチの力。
聴衆の顔を見て20分間を語り続け、熱狂させ、
「自分の言葉」で幸福感に酔わせたのです。
これこそ政治家。日本にいるでしょうか?

支持は、黒人93%、ヒスパニック65%、白人37%。
ますます増えるヒスパニック系市民のアメリカは
この先どう変化していくのでしょう。

しかし、米国の日本支配は依然として続くことを
覚悟しなければならないと思います。
(2012.11.10 A-40)

0件のコメント