2012年12月のアーカイブ

2012.12.04  トンネル事故と高齢

またまた、うっかり日本、想定外日本、ずさん日本が。
笹子トンネルの天井板崩落で9人が犠牲になりました。
完成から35年。このトンネルはかなりの高齢でした。
なのに、その間、健康診断ほとんどせず、らしい。
老体を「聴打診」もしていない。目で視ただけという。

ぼく自身が高齢なのでよくわかります。
老体を機能させるには、点検、手入れ、調整が欠かせません。
日本にはトンネル、鉄橋、道路など交通関係だけでも
数えきれないインフラ設備があります。
みんな歳を重ねている。インフラ高齢化社会なのです。
それを、ほったらかしにしてきたのは3年以前の政権。
その尻拭いの現政府は、気の毒といえば気の毒。
犠牲9人の方の冥福を、どう祈ればよいのでしょう

多額の税金で造ってきた設備を、手入れしながら
細く長く、大切に使っていく。それが健康・安全な経済。
資源小国「日本」の生きていく道ではないでしょうか。
その上で、独自の工夫をこらす「物づくり」に熱中する。
世界の基準になるような魅力ある製品の開発。
となれば、自ずから先の展望も見えてくるでしょう。

折しも衆議院議員総選挙。目新しく、耳に心地よく、
一見、国を愛するような、広告っぽい考えの人や党を
厳しく見分けることが大切でしょう。
憲法と原発は、国の将来に関わる重要な論点だと思います。

(2012.12.04 A-41)

1件のコメント