企業のコーポレートサイトは、自社メディアと呼べる領域にまで成長しました。ECやサービスを展開している企業にとっては、そのものが事業展開の場になります。FacebookやTwitterといったソーシャルプラットフォームの登場、さらにYoutubeチャンネルのような放送局にもなりえるサービスでオウンドメディアから本格的なメディアへの転換期を迎えています。わたしたちは、この新しい時代にふさわしい「生活者と対話し続ける」メディアデザインを目指して取り組んでいます。