2011.03.31  いのちの波動

 いま、高齢のぼくが心掛ける基本のひとつは、できるだけ周囲に迷惑をかけずに生きること。休まずに5000歩くらいは歩けるように。マンション8階まで階段を上り下りできるように。最小限の自助を、です。

 有栖川公園から愛育病院の前に出ると、桜の木が冬を脱ごうとしていました。枝はうっすら色づき、蕾はふくらんで桜色。ぼくは手袋を脱ぎ、手のひらを桜の幹に近づける。ゴツゴツした幹。1センチほど近くまで手を寄せると、「ビビッ、ビビッ」と微かに手のひらに感じるものがあります。

 それ、いのちの波動ではないか? 開花という大事業のために、桜木は一心に水と栄養分を吸い上げている。その鼓動。あるいは「気」。木の気迫。ぼくはしばらく手をかざして桜の「気」をいただき、いのちの波動を浴びました。

 愛育病院は出産関係の病院です。日々ここで赤ちゃんが産声を上げ、それぞれの人生を歩み出します。玄関前の桜たちもまた、花(子ども?)を咲かせようと生命活動に熱中している。この一帯には生命の波動が満ち、強い力が働いているように思えました。そして敬虔な気持になりました。

 大震災の翌日に被災地で生まれた女の赤ちゃんがいるという。何という縁でしょう。妙なる自然の恵みです。その力づよい泣き声を、人びとはどんな思いで聞いたことか。なににも勝る励ましだったのではないでしょうか。

 チリで、地下700メートルの炭坑から生還した人びと、つい去年のことでした。その苦難の最中に生まれた赤ちゃんは「エスペランサ(希望)」と名づけられました。東北の赤ちゃんは、きっと「のぞみちゃん」として、その日に授かったのでしょう。逞しい生命力と明るい成長を祈ります。(A) relevant domains . Lawsiwesabre

1件のコメント

  1. 西尾忠久

    お待ちしていました。
    立ち上げ、歓迎。

    こんな画像が友人から送られてきました。
    お暇なときにご相伴くだされば幸い。

    http://bit.ly/hGkOlp

    奥方によしなに。

Comment