2011.04.25  脱原発パレード

 「原子力から自然エネルギーに変換を」と訴える市民のパレードが行われました。4月25日・朝6時代のNHKラジオが報じ、新聞朝刊も社会面にカラー写真入りで報じています。ようやく! という感慨で記事を読みました。(全文を以下に引用しておきます)。

 ようやく、というのは、あるフランス人から聞いた言葉がずっと耳に残っていたからです。彼は、すでに原発反対の抗議デモが東京であったのに日本のメディアは報道していない、というのです。また、早くも3月14日(月)には、日本を離れよとの声も聞いたというのです。東京在住の外国人のほうが、現実・真実を日本市民よりよく知っているらしい。とすると、日本のメディアは報道の役割を果たしていないのではないか。という疑問がわきました。

 以下、朝日新聞19ページ社会15版の記事(4月25日)です。

脱原発を訴え渋谷に5000人

初参加の人目立つ

 東京・渋谷で24日、「原子力から自然エネルギーに転換を」と訴えて、市民がパレードをした。福島第一原発の事故でエネルギー問題への関心が高まっており、初めてデモに参加したという人も目立った。

 主催者によると、参加者は5000人。坂本龍一さんら著名人も賛同し、ネット上を中心に呼びかけが広がったという。集った人たちは、チェルノブイリ原発事故で汚染された土壌の再生に使われているという菜の花を掲げたり、太鼓をたたいたりしながら練り歩いた=写真、葛谷晋吾撮影。

 4歳の娘を連れて、飛び入り参加した竹本陽子さん(33)は「事故が起こって、子どもや孫の代に残したくないと思った」。練馬区の岩井良之さん(42)は「一人でも多くの人に考えてもらえるように行動していきたい」と話した。


 ようやく、このような動きが市民の間に出始め勇気と希望を感じます。ぼくももう少し若く、この呼びかけを知っていたらデモに参加したかったのでしたが。この動きのこれからを見つめていきたいと思います。

 よい社会、よい国をつくっていくのは、市民たちなのだとつくづく思う日々です。(A)

0件のコメント

Comment