2011.06.27  つい、笑ってしまって、失礼。

【高濃度の放射能に汚染された水の浄化】。
福島第一原発ではこの作業が、いま重要なテーマになっています。汚染された水を浄化して、原子炉を冷やす水として循環活用しようというわけです。恐ろしい原因である放射能を早く除去しなければ、問題解決の歩みは進まない。原因除去が急がれます。

そのために米国キュリオン社の除去装置と、フランスのアルバ製の除去装置が動員されている。この作業は①油の分離→②米国製装置はセシウム除去、フランスのアルバ社製装置は除染→③日本製装置で淡水化というような流れらしく、浄化量は1日に1万2000トン。これを原子炉冷却に、という。

6月22日の朝日新聞は次のように報じました。
 「東電は22日、継続中の試験運転で、これまでに1800トンを超える高濃度汚染水を処理したと発表した。処理後の濃度は10万分の1程度に下がり、発電所内にたまっている汚染水も減りつつあるという。あと1〜2日試運転をしたうえで本格運転を再開する。」

これを読んで、ちょっとホッとしました。
ところが翌23日、朝日新聞に「汚染水、除去装置素通り」の見出しが。えっ? またトラブルか? こういう記事です。
 「東京電力福島第一原子力発電所の汚染水処理施設で浄化性能が思うように上がらなかったトラブルについて、東電は23日、放射性物質のセシウムを吸着する装置の一部で弁が誤って開いていたことが原因と発表した。汚染水が浄化されずに装置を素通りしている部分があったという。作業員が弁に開閉の表示を書いた際に、逆に書き間違えていた。同日未明、弁を閉めたうえで試験を再開した。
 問題があったのは米キュリオン社の装置で、本来なら1千分の1程度まで放射能濃度を下げられるはずが、50分の1程度にしか下げられなかった。
 装置は、容器が三つ直列につながる系統が4系統あり、汚染水を浄化するしくみ。調査によると、そのうちの1系統で、本来閉っている弁が開いており、汚染水が処理されずに下流に流れている部分が見つかったという。」

あらららら、なんてことでしょう!
閉めておくべき弁を、開けてしまっていたのです。危険な現場のなかで作業される方がたのご苦労は言い尽くせぬものがあり、安全無事を祈っていました。しかし、「閉める」を「開けていた」? 勘違い? だれも確認していなかった?
 
ぼくは、思わず笑ってしまいました。
現場の苦難を思えば、不謹慎ですが。あまりのお粗末に驚いてしまったのです。
「閉める」と「開ける」は反対の操作だから、取扱い説明書に明確な指示と注意がされていたと思います。またもや、「想定外」のことが起きました。
 こうして、重要な作業が遅れていく。現場の士気にも影響するでしょう。いまも、放射能は建屋地下にたまり続けているという。この先が気になります。
世界最大の電力会社東電って、大丈夫なのでしょうか。ダメにもほどがありませんか。

東電は、国有化し国が責任をもつ事業にするのがよいと思えてきました。電力は、利益を考える私企業が行う事業ではないように思えるのです。(A)
 

0件のコメント

Comment