2011.07.27  なんだか、あさましいような・・・

なんだか、あさましいような・・・

先週金曜日、こんな話を耳にしました。
「なでしこジャパン」をテレビコマーシャルに、と手を挙げた企業が70社にのぼっている、というのです。
 「なでしこチーム」はドイツ大会出場以来、企業と広告代理店から虎視眈々と狙われていたのでしょう。そして7月18日(月)の、あの劇的な優勝。それから獲得争奪活動が激化、3日後には70社。現在は何社に?

 なんだか「あさましい」動きのように感じてしまいました。雌鹿に群がるハイエナの群れのような、欲望ギラギラの目つきが浮かびます。スポーツの栄光を金で買い取り、自社の利益のために利用する。金額が多いほど、もしかすると「なでしこ」たちは汚れていくのではないか?
 いや、これも市場経済の当たり前の日常のシーンだよ、というべきでしょうか。

 世界一の評判チームは、選手は、一体いくらで「売買」されるのか。スポーツは、爽やかなスポーツのままで終わってはいけないのか。
 なでしこたちの多くは日ごろ恵まれない経済的環境にあり、それでも一流のサッカーをという情熱でがんばってきたのではなかったか。その間、企業たちはどれほどの支援をしてきたのか。超・有名になったとたん、企業はその名誉ある「なでしこ」を自分の看板に利用したいという。

 ちょっと待ってほしい。市民たちの純真な声援と勝利への評価、そして感謝の言葉のかずかず。感動して流した涙。そういう素朴な人間心情がコマーシャル(商行為)によって穢され、汚されていくことはないのでしょうか。

 いま、ぼくは面白くない気分でこれを書いています。友よ、君たちは、あなたたちはどういう気持になっていますか。上手なテレビコマーシャルにつくられればつくられるほど、いやらしい。そんな気分なのです。「本質」がどこかに吹き飛んでしまっているからでしょう、きっと。(2011.07.27.A)

1件のコメント

  1. 初めましてMarcと申します。しがない医師です。一消費者としてコメントいたします。

    「(なでしこJAPANに対する)市民たちの純真な声援と勝利への評価、そして感謝の言葉のかずかず。感動して流した涙。そういう素朴な人間心情がコマーシャル(商行為)によって穢され、汚されていく」リスクを負うことは、CMを制作するサイドに立つ人たちにとっては「心のどこかに個人的なわだかまりを持ってとしても、クライアントの希望に沿うならば仕事として無視するのはアタリマエの処世術」として許容されるものなんでしょうね。営業畑は特に。

    でも御心配なく。僕ら消費者はそれほど愚かでもナイーヴでもないですから。「ああ、コイツらあさましいなあ・・・」って思う感受性は僕ら消費者の方が繊細かもしれません。「そこまで読める」広告屋さんはごく一部かも知れないだけれど。

Comment