2011.09.15  「天声人語」は、こう書いています

9月15日の朝日新聞コラム【天声人語】はかなり良識ある指摘を行っています。日本という国の不思議、非常識が描かれていると思います。ごいっしょに読みましょう。

【天声人語】
バイキング料理の軽いストレスは、自分の浅ましさを思い知る点にある。元を取るぞという貧乏性が食欲にかぶさり、せっかくの美味は渾然たる「ごちそうの山」と化す。この手で好きなだけ盛れる怖さ、お手盛りの語源である
▼東京電力が、来年度から3年間をめどに、15%の料金値上げを欲しているという。社員の給与カットは5%だからお手盛りくさい。半減とはいえボーナスがあるのも驚くが、値上げ期間が終わったら元に戻したいらしい
▼安定供給の名の下、会社が赤字にならぬよう、電気料金は事前に見積もった費用に利潤を乗せて決まる。勢い、見積もりが多めになるのは「ごちそうの山」の常である。地域独占なので、コスト減らしの競争意識は乏しい
▼倒産しかねない大公害なのに、国策ゆえ、想定外だからと救われる公益事業。被災した町工場や商店は納得いくまい。今の東電には、食べ放題ではなく質素な昼定食が似合う。身を削る努力を求めたい
▼なお、月50万円減らした国会議員の歳費が、10月から元の129万円に戻りそうだ。こちらのお手盛りは血税の米びつからとなる。臨時国会を4日で閉じての満額復帰、これで東電に大なたを振るえようか
▼「原発ゼロ」に言及した前経産相が辞め、業界がほっとしたのもつかの間、後任の枝野幸男氏は電気料金の仕組みに切り込む考えと聞く。利用者の怒りの声に、どうか大きな耳を傾けてほしい。放射能、停電、節電ときて大幅値上げでは、公益の名が廃る。

 というコラムです。指摘点は分かりやすい、でも論調は穏やかなものですね。
 電気料金は、発電にかかる、あらゆる費用を総合し、それに何%かの電力会社の利益を乗せて決めることになっているという。ということは、簡単にいうと「企業努力」は要らないのでしょう。
 使ったお金に利益を掛ける。だから、どんなに費用が増えても損しない、赤字にはならない。呑気な経営です。しかも、地域独占事業。競争相手はいません。安心して生活者に電気料金を払わせればよい、という仕組みなのでした。
 まだ福島第一原発の爆発事故は収束せず、放射能被害はますます深刻になっている中で、もう社員のボーナスを計上しています。この会社、「企業モラル」はあるのでしょうか。「公益事業」社としての自覚と責任感はあるのでしょうか。

2 件のコメント

  1. けして自分たちは泥を被らない。砂さえも。独占企業の傲慢さにうんざり。しかし国民は反論もせず受け入れる。私もです。政府も国民も腑抜け状態。長いもの側にいなければ巻かれるばか

    なし

  2. Always a good job right here. Keep rolling on thurgoh.

Comment