2011.09.27  いてくれてありがとう げんきになったよ

これは、3歳の子が動物園でどうぶつを見ながら、つぶやいたことばから生まれた、人と動物の関係を表した標語です。その子の呟きをお母さんかお父さんが拾い上げて、動物愛護週間の標語に応募してくれたのでした。
「いてくれてありがとう げんきになったよ」。この標語は4人の審査員全員の賛同を得て環境大臣賞に選ばれました。

主催の社団法人日本動物園水族館協会では、「動物愛護に関する標語コンクール」を毎年行っており、今年は36回目。ぼくは第1回から標語審査に携わってきましたが今年は応募が多く、全国49動物園と20水族館から、合わせて8,919の応募がありました。各動物園・水族館で5点に絞った計340点が中央審査会で審査され、金賞5点(内、環境大臣賞1点)、銀賞15点が選ばれます。

審査員は次の4名。
西山理行(環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 室長)氏
中川李枝子(童話作家)氏
朝倉 勇(コピーライター)
山本茂行(社)日本動物園水族館協会 会長

ぼくの関心事は、東日本大震災と東京電力第一発電所大事故の影響が、標語にどのように反映するかでした。例年、標語には社会の認識がどことなく反映されます。市民は暮らしの中で敏感に時代の傾向や問題を受け止めているのです。そこで今年の【3.11】はどういう反応になって示されるだろうと注意して審査に臨んだのです。

そして、「ありがとう」という言葉に出会いました。表題に掲げた「いてくれてありがとう」はそれを代表するような素朴で真実な気持の吐露と言えるでしょう。幼い子どもが大好きな動物に再会して、「あっ、いたいた!」と呟き、親は「ああ、いてくれた」と安堵。その親と子の気持がこの標語になったと想像されます。人と動物が「ともに生きて」いく地球の環境、それこそが動物愛護の基本であることをこの標語は感じさせてくれます。

「ありがとね 地球の仲間に 感謝です」
「どうぶつえん いきるちからを ありがとう」
金賞・銀賞20点中3点が、動物を見て感謝の気持を表していました。昨年までの標語にはなかった表現です。生きていること。当たり前のようなこのことが、家族だけでなく動物たち「命あるもの」との絆を思わせ、生きていること自体に感謝の気持を起こさせている。
大災害が市民にもたらした、いのちを尊ぶ意識、いのちあるもの同士の助け合いを深め、いのちが繋がっていることを「ありがとう」と表明していることに、ぼくは感じ入りました。
 
金賞・銀賞にはこんな標語もありました。
「なつまでね じいじの車庫は つばめです」
「地球では どうぶつ先輩 ひと後輩」
「みんな地球のおかあさんから生まれた子どもたち」
「在来種 自分で来たくて 来たんじゃない」
「ウンチする ボクも 金魚も ゾウさんも」
「動物の 生き方通して 自然知る」

表彰 
9月23日、東京上野公園で開催の動物愛護中央行事には、金賞受賞の5名が全国から招かれ、環境大臣賞をはじめメダル授与する表彰が行われました。(2011.09.27. A)

0件のコメント

Comment