2012.01.20  格付け会社って、何もの?

格付け会社って、何もの?

ヨーロッパ金融危機に新たな打撃が加えられました。
米国の大手格付け会社スターダンド・アンド・プアーズが、
ユーロ圏の9つの国の国債を一斉に格下げしたのです。
ドイツと並んで最も信用度の高かったフランスの国債も
一段階格付けされてしまいました。
泣きっ面に蜂。苦慮している欧州各国にとって、
随分と迷惑な発表ではなかったでしょうか。

ぼくの意地悪な推理
① 自分よりも強く魅力的な存在を許したくないアメリカは、
EUの存在そのもの、その発展がうれしくない。
② 長い歴史、多様な文化、豊かな観光資源のEUが妬ましい。
③ 苦悩しているいま、EUの力を削ぎ米国優位に導きたい。
④ 米国金融機関はそのスキに国債売買で儲けよう。
というわけでEUの弱みにつけ込んで格下げを発表した。
EUは、「根拠」を示せと抗議しているようです。

そもそも格付け会社とは何ものなのでしょう?
株式会社は利益優先、株主に配当を配ることに熱心です。
ではスターダンド・アンド・プアーズやムーディーズという
米国格付け会社の株主はどういう人なのでしょう。
個人よりも、金融業、大企業、あるいは政府系機関などが
主な株主なのではないかと、ふと疑いたくなります。
なので、儲けるチャンスをこしらえて商売する。
「格付け会社」を「格付けする機関」はないのでしょうか。

そうか、これも、アメリカ得意の戦略?
ヴェトナム戦争も、アフガン戦争もイラク戦争も、
アメリカは一流の理由をつけて戦争を起こしました。
多くの米国青年が犠牲に。そして米国権益を拡大。
なんと申しましょうか、そういうことなのでしょうか。
弱者を叩くなんて悲しくなる仕打ちです。
(2012.01.20.A)

0件のコメント

Comment