2012.05.04  なぜ急ぐ 花たちよ

なぜ急ぐ 花たちよ

なんて 日の経つのは早いんだろう
もっとゆっくり歩いてくれないか
80歳を過ぎると足が早く動かないんだよ
女のひとも どんどんぼくを追い抜いていく
ぼくは対抗をとっくにあきらめた
お日さまに頼みたいくらいだ
もちょっとテンポをゆるやかに動いてほしいと

4月末 新宿御苑を妻と歩く
花たちも 虫たちも 生き急いでいる
いや 花たちは 待ち望んだ春に歓喜して
自分らしい装いを見せびらかしているんだ

古木だって花の時期には若者に負けていない
どうだ といわんばかりに咲き誇る
それも いいなあ 
自分自身を生きていること 媚びないで
ぼくは古木の幹を ひたひた 叩く
これがぼくの 樹々への挨拶なんだ

ソメイヨシノはすでに葉桜
カンザンや フゲンドウ 室町時代からの八重桜
紅の花びらを絨毯のように敷きつめている
おさな子が小さな指で花びらを拾っている

妻が珍しいものを見つけた
松の幹のウロに紫の小さな花たち おお すみれだよ
狭い凹みに飛んできたタネが 借家にしてるんだ
松はそれを許している いや友として 
共に生きている そうか「ともいき」なんだ
(2012.05.04 A-33)

0件のコメント

Comment